スポンサーサイト

2017.01.29 Sunday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    2005〜2016年読書リスト(哲学)

    2017.01.12 Thursday

    0

      著書名、著者名はメモによる。


      <いま再読したい>

      『フッサール心理学宣言』

      『キルケゴール』オリヴィエ・コーリー 文庫クセジュ

      『スピノザ』チャールズ・ジャレット

      『純然たる幸福』ジョルジュ・バタイユ

      『レヴィナス無起源からの思考』斎藤慶典

      『レヴィナス壊れものとしての人間』 村上靖彦

      『アリストテレス倫理学入門』 J.O. アームソン

      『反復』キルケゴール

      『ラッセルのパラドクス』三浦

      『フーコーの美学』武田宙也

      『悪の哲学ノート』中村雄二郎

      『スピノザの世界』上野修

      『神なき時代の神 キルケゴールとレヴィナス』

       

       


      <おもしろい>

      『ウィトゲンシュタインが見た世界』

      『ウィトゲンシュタインのウィーン』

      『ウィトゲンシュタイン』ノーマン・マルコム

      『ウィトゲンシュタインはこう考えた』鬼会

      『論理哲学論考を読む』野矢

      『知性の限界』

      『感性の限界』

      『理性の限界』

      『分析哲学入門』八木沢敬

      『分析哲学講義』青山拓央

      『意志と表象としての世界』ショーペンハウアー

      『哲学的思考フッサール現象学の核心』

      『純粋理性批判』カント

      『記号論への招待』

      『デリダ』高橋哲也

      『ほんとうの構造主義』出口顕

      『フランス的思考』石井洋二郎

      『フランス現代哲学の最前線』クリスチャン・デカン

      『フランス現代思想史』岡本裕一郎

      『思考する言語』スティーブン・ピンカー

      『哲学ワンダーランド』 貫成人

      『ゼロ年代の論点』

      『哲学入門』戸田山和久

      『暇と退屈の倫理学』国分

      『ギリシア哲学入門』岩田靖夫

      『ライプニッツ読本』

      『不安の概念』キルケゴール

      『自由の哲学者 カント』中山元

      『はじめてのフッサール現象学の理念』

      『孤独と人生』ショーペンハウアー

      『道徳の系譜学』ニーチェ

      『意味・真理・存在』八木沢敬

      『哲学の歴史 論理・数学・言語』

      『はじめての言語ゲーム』橋爪

      『時間と他者』レヴィナス

      『構造構成主義とは何か』西條剛央

      『百人の哲学者百人の哲学』

       


      <まとめ・その他>

      『ポスト構造主義』 ナツメ社

      『ドゥルーズの哲学』

      『現代思想入門』PHP

      『世界の古典名著』MultiBook

      『不安時代を生きる哲学』山竹伸二

      『フランス哲学思想辞典』小林道夫

      『12歳からの現代思想』岡本裕一郎

      『現代哲学キーワード』野家啓一

      『あるようにありなるようになる』入不二基義

      『ラカン』西尾

      『哲学書で読む最強の哲学入門』

      『哲学大図鑑』

      『哲学史』 貫成人

      『日本の7大思想家』

      『世界の哲学50の名著』

      『哲学の本』秦野勝

      『ヨーロッパ精神史入門』坂部恵

      『シューシポスの神話』カミュ

      『心が軽くなる哲学の教室』

      『生き方と哲学』鬼界

      『年表で読む哲学思想小事典』ドミニク・フォルシュー

      『西洋哲学史』熊野

      『真理の哲学』貫成人

      『エピソードで読む西洋哲学史』

      『アウグスティヌス』服部英次郎

      『非社交的社交性』

      『ウィトゲンシュタイン入門』永井均

      『語りえぬものを語る』野矢

      『哲学探究』丘沢静也訳

      『記号論理学入門』

      『ウィトゲンシュタイン最後の思考』

      『ウィトゲンシュタイン』藤本隆志

      『世界を良くする現代思想入門』

      『現代思想のパフォーマンス』

      『フーコー入門』中山元

      『現代思想の断絶』徳永

      『チョムスキー入門』町田

      『ソシュール入門』

      『現代思想のコミュニケーション的転回』高田明典

      『脳がほぐれる言語学』金川

      『フーコー』桜井哲夫

      『デリダ』知の教科書

       


       

      JUGEMテーマ:読書